たくさんの人の気持ちが込もった心温まる結婚写真を撮ろう

SITEMAP

Happy Marrige!

和装の場合の結婚写真

寄り添う二人

結婚写真が和装の場合の概要をまとめてみました。
撮影が和装の場合、人気なのが白無垢と色打掛です。特に1着しか選べない場合は、色打掛の方がよく選ばれるようです。色打掛は結婚式では披露宴によく着られます。白無垢と同格にもなる礼装であり、神前式にも用いられる着物です。白無垢や色打掛の他には引き振袖があります。引き振袖は黒が一般的ですが、結婚式には白地のものを着る場合があります。
髪型も和装に合わせる場合は、婚礼髪型である文金高島田のかつらをかぶったり(地毛で結わえるのは難しいです。)、洋装のヘアアレンジに和装を合わせる場合もあります。基本的には組み合わせは自由です。ただし文金高島田の場合は、ヘアメイクや撮影に高い技術が必要なので、対応出来る業者が限られてきます。とことん和にこだわりたい方は、対応出来るかしっかり確認して業者を決めましょう。
結婚写真撮影前に準備するものとしては、肌着やタオルなどがあります。(これは洋装の場合も同じです。)和装の場合、女性はタオルまたは手ぬぐい、肌襦袢、白足袋、裾よけが必要です。男性は襟元が開いた(U字やVネック)シャツ、ステテコ、白足袋が必要になります。撮影などに使う小物は業者の方で貸してくれます。小物には扇子や番傘などがよく使われます。式が洋装の場合は、結婚写真撮影は和装にしてみても良いかもしれません。

TOP